10 Best Curry of 2016+more (Areas Other Than Tokyo)

数年前出張貴族だった頃に一度だけやってみた東京(及び近郊)以外のエリアのカレー屋さんBEST。

先日の東京版に選ぶかもと書いたので有限実行。基本的には2016年に公私どちらかで行った地域限定だけど、去年のBESTでも書くかも詐欺をやらかしていた一昨年後半に行った茨城も含めたのはご愛嬌。

Kala
Spice&Dining KALA
TEL:093-245-3501
福岡県中間市東中間1-3-7
営業時間:昼 – 11:30~15:00(土 / 日 16:00) 夜 – 18:00~CLOSE(要予約)
定休日:基本火 / 水(要確認 / 応相談)
Kusum
クスム本場家庭料理
TEL:078-221-0229
兵庫県 神戸市中央区山本通2-12-21 異人プラザ 203
営業時間:11:30~14:30 / 17:30~20:00
定休日:月
Randiwa
ランディワ
TEL:0297-42-1222
茨城県常総市向石下899-3
営業時間:11:30~22:00
定休日:不定休
Roddha
ロッダグループ
TEL:06-6582-7556
大阪市西区千代崎1-23-9桜ビル2号1F
営業時間:11:00~15:30(L.O. 15:00) / 17:30~22:00(L.O. 21:00)土 / 日 / 祝は通し
定休日:木
Garam
GARAM
TEL:070-5814-1242
福岡県 福岡市中央区高砂1-7-4
営業時間:12:00~14:15(L.O.) / 18:30~21:00(L.O.)但し売り切れ次第終了
定休日:日 / 水
Amaya
SRI LANKAN DINING A*MAYA 本町店
TEL:ナシ
大阪府大阪市中央区久太郎町3-1-22 OSKビル
営業時間:11:00~15:00 但し売り切れ次第終了
定休日:土 / 日
KojiKoji
錫蘭食堂 コジコジ
TEL:029-353-8620
茨城県水戸市渡里町2305-6
営業時間:11:45~14:00(L.O) / 18:00〜20:30(L.O) 但し売り切れや貸し切り等多々なので要確認
定休日:基本月 / 火+イレギュラー
Katsuya
元祖とんかつカレー カツヤ
TEL:06-6631-8988
大阪府大阪市浪速区元町2-6-25
営業時間:10:00~20:30
定休日:日
Narramanam
スパイス料理ナッラマナム
TEL:06-6484-5799
瓦町1丁目4-6市岡興産ビル1F大阪市
営業時間:11:30~15:00 但し売り切れ次第終了(Twitter要確認)
定休日:土 / 日
Datenshi
堕天使かっき~
TEL:ナシ
大阪府 大阪市 阿倍野区 王子町2-17-32
営業時間:11:30~15:00くらい 売り切れ次第終了(Twitter要確認)
定休日:日 / 月 / 火

総数で30店弱からの10店なので精度のほどはわからないけど、それでもある程度狙ったところには行けたし、上記10店以外も美味しいところが殆ど。いざ並べるとスリランカ率高め。二度の大阪行きでどちらもタイミングが合わなかったボタニさんだけは引き続き2017年の課題。

・博多から特急と路面電車に乗り継ぎ1.5h。無人駅を降り人気のない道を歩くと現れるロードサイドのテナント。そこで食べられる新鮮な魚のカレーとミールス。ちょっと浮世離れした感すらある「Spice&Dining KALA」。客の殆どが遠方からか常連のみ。事前予約の恩恵は魚の仕入れで発揮。後から知った元「ホルモン番長」の肩書はホルモン屋→韓国料理屋→南インド料理屋という謎の経歴に繋がり、とにかく興味深いし、慈悲深い。

・以前「なんどり」のinaさんに北インドの家庭料理が食いたいなら〜と言われたまま出張貴族時代の終焉を迎え、4〜5年ぶりで行くことの出来た「クスム本場家庭料理」。薄暗い店内、メニューのない状態でチャパティと米、3種のベジカレー(+サモサ)が飾り気なく振るまわれる。おかわりは自由。そのおふくろ加減にはただただ脱帽。食後にチャイもついて、飲み干す頃には完全にインド(未訪問)。

・茨城の南端、常総市のこれまたロードサイドのスナックや韓国料理の列ぶテナントで、味もボリュームも最高なスリランカ料理を、「アジアカレーハウス」に近いスタイルで食わせてくれる「ランディワ」。ここもメニューなし。その日の品々がプレートではなく、そこそこな大きさの深皿でどんどんと矢継ぎ早に提供される。ちょっとたじろぐほどの品数と各々のボリューム。これで1000円の旧ACH価格。懐の深さは曙並み。

・その他、他人の写真やレポートを指を咥えて見ているだけだった念願の「ロッダグループ」のギャミラサ・セットや、先の東京版で「あしたの箱」と並べて書いた、日本米に合う最高のチキンカレー「GARAM」、大阪の河内長野で絶品と噂だったスリランカプレートが中心でも食べられるようになった「A*MAYA 本町店」。同じく、スリランカ方面の好事家が日々押しかけている水戸の「錫蘭食堂 コジコジ」や、いつでも食えそうなのにタイミングやらでようやくたどり着けた、誰もが”普通のカツカレーしか食わない”と口を揃える「元祖とんかつカレー カツヤ」。お盆明けの食い倒れツアーでちょっと無理を言って食べさせていただいたスペシャル・メニューが、自分史上最も豪華なターリーとなったとても関西らしい実験的ラボとでも呼びたい「スパイス料理ナッラマナム」、現在の関西スパイスカレーの1つの特徴と言える和の要素を、かなり前面に出した間借りランチ「堕天使かっき~」という全10店。

東京と大阪(及び関西)がほぼ別物という感じで盛り上がっているなか、第三次ブームの地となっている福岡はそのどちらもの要素が少しずつ増え、かと思えば決して件数は多くないのにものすごいクオリティの店が点在する茨城や名古屋など。本当に各地方面白くて、この稼業が続く限り当面は地方カレーも物色を続けていく予定。